コラーゲンとは、骨や肌に含まれているたんぱく質のことです

人の体は約20%がたんぱく質ですが、

その3分の1がコラーゲンだと言われています。

そしてそのコラーゲンを摂取することで

多くの美容効果があると考えられています


コラーゲンは肌の真皮の部分に含まれていて真皮では、

コラーゲン繊維がからみ合って、網目のようになっています。

そしてこの造に網目構よって、肌には伸縮性と弾力性が出ているのです。

このようにコラーゲンは、もともと体内に存在する成分です。


しかし加齢や紫外線などの影響で、体内のコラーゲンは減少していきます

コラーゲンの量が不足してくると、皮膚の弾力性は徐々に失われて

たるみやシワにつながってしまうのです。

また血管の弾力性が失われることで動脈硬化となり

血圧が上昇する高血圧になったりもします。


またコラーゲンは、骨にも存在しており、骨のコラーゲンが不足すると

軟骨がすり減って関節に痛みが出るようになります。

目の水晶体と呼ばれる部分にも、コラーゲンは含まれています。

したがって目のコラーゲンが不足すると、老眼や白内障になりやすくなります。

コラーゲンを摂取することで、これらの進行を遅らせることができます。


特に美容には、効果が高いと考えられています。

コラーゲンの美容効果については、これまでは懐疑的な目も多く向けられてきました。

しかし最近は、コラーゲンが体内で働くメカニズムが徐々に明らかになってきています。

最新の研究では、飲食などで体内に入ったコラーゲンは一部が分解されずに

コラーゲンペプチドという形で体内に吸収されそれが肌まで届くと考えられています

そして肌まで届いたコラーゲンペプチドは、直接的に肌を作る成分になるのではなく

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった肌を構成する重要な成分を増やすのです

そのことで美容効果を発揮すると考えられています。コラーゲンは肌だけでなく

爪が丈夫になる、髪の毛が太くなる、骨が丈夫になる、

ケガの傷が治りやすくなるなどの効果があることが分かっています