最近のコラーゲンのサプリメントやドリンクの中には

低分子コラーゲンをうたっているものが多くあります

コラーゲンというのは、アミノ酸が螺旋状につながった

ペプチド鎖が3本集まって、お互いに絡み合っています

食事などに含まれているコラーゲンは分子量が約30万~40万です

分子量が大きいとコラーゲン自体の大きさが大きいために体内に吸収されにくくなります

吸収されなかったコラーゲンは、そのまま排泄されてしまうことになります。

コラーゲンを小さくして、吸収を良くして効率的に体内に摂り入れるように

したのが低分子コラーゲンなのです。

おすすめ低分子コラーゲンサプリ

富士フィルムアスタリフトピュアコラーゲン10000
主な内容成分/1本あたり
ビタミンC 250mg
低分子フィッシュコラーゲン 10000mg
オルニチン 400mg
着色料・保存料無添加、ノンカフェイン



低分子コラーゲンは、その分子量を3分の1~4分の1の約1万以下にしてあります。

そして製品に使われている多くの低分子コラーゲンは

その分子量を3,000以下にしてあります

大きさが小さくなっているので、それだけ体内に吸収されやすいのです。


コラーゲンを摂取しようとして、いくら多くのコラーゲンを口の中に入れても

それが吸収されずに出て行ってしまっては、意味がありません。

低分子コラーゲンを摂ることで、コラーゲンを口に入れる量は少なくても

効率的に吸収されることで実際に体内に取り入れられて

使うことのできるコラーゲンは、多くなるのです。


これは、化粧品などに含まれるコラーゲンでも同様です。

低分子コラーゲンのほうが、より肌に吸収されやすくなります。

また低分子コラーゲンには、ペプチドコラーゲンと呼ばれるものと

トリペプチドコラーゲンと呼ばれるものがあります。

トリペプチドコラーゲンのほうが、より分子量が小さくなっていて

体内で分解されないので、さらに吸収されやすくなっています