コラーゲンには、大きく分けて

動物性のコラーゲン海洋性のフィッシュコラーゲンがあります

動物性のコラーゲンは、主に牛や豚そして鶏などの皮や骨

軟骨から抽出されています。熱に強いため加工しやすいのが特徴で

粧品やゼラチンなどに昔から広く使われています。

しかし特に濃度が濃くなると、コラーゲン独特の臭いが強いという欠点もあります。

また動物性のコラーゲンは、海洋性のフィッシュコラーゲンに比較して

人の体内に吸収されにくいという一面も持っています


それは、人の平均的な体温が36℃から37℃なのに対して

牛や豚の体温が38℃から45℃と高めであることが関係しています。

動物の体内では、コラーゲンがより液状に近く柔らかくなっているのに対して

人の体温では低すぎるためにそうはならず、固形に近い形となってしまうからです


また動物性のコラーゲンは繊維が多く密になっているので、

胃などの体内で分解されにくいこともあります。

これらの理由から動物性コラーゲンは、

人の体内では比較的、消化、吸収がされにくいのです。

動物性のコラーゲンを吸収するには、約4時間から5時間ぐらいが必要だと言われています。


また吸収されなかったコラーゲンは、尿などから体外へ排泄されて

しまいますので、吸収の効率が悪くなることがあります。

以前は、牛から抽出されたコラーゲンが広く使われてきました

しかし数年前に発生した狂牛病の問題から、

牛のコラーゲンはあまり使われなくなりました


現在は、動物性のコラーゲンは、豚や鶏から抽出されたコラーゲンが主流になっています。

そして動物性のコラーゲンは加工がしやすのがメリットです。

したがって、いろいろな食品やサプリメント、そして栄養ドリンクなどに

他の健康成分やコラーゲンとの同時摂取で効果が高まる成分と一緒に含めることができます

また豚足や、鍋料理などから、比較的簡単に摂取できることも

動物性コラーゲンのメリットになります