人間は、体内でビタミンCを作ることができません。

しかし体には必要不可欠なものですから、

食品などから摂取することになります。

ビタミンCは、果物などの自然食品に豊富に含まれていますが

それ以外にも、サプリメントや一般的な加工食品にも多く含まれています


そしてそれらのビタミンCには、果物などに含まれている天然のビタミンC

加工食品などに含まれている合成のビタミンCがあります。

合成でも天然でも同じビタミンCなので、科学的な構造などはまったく同じです


ですがこの合成ビタミンCは、体に良いどころか、

体にわるいという話がありますが、これは本当でしょうか?

科学的構造は変わりませんが、合成のビタミンCを服用すると、

まれに胃が弱い方は調子が悪くなったという方もいらっしゃいます

これは人によりますし、その時の体調もありますので、

必ずしも合成のビタミンCが悪いとは限りませんが

やはり天然ビタミンCの方が吸収力の違いや安心感では断然良いと思います


また同じビタミンCでも使われ方によって、大きな違いがあります。

ビタミンCには、酸化されやすいという特徴があります。

そして酸化されやすいというこの特徴を利用して、

食品の酸化防止剤として広く使われています。

ビタミンCは自らが酸化することによって、周りが酸化するのを防いでくれるのです。

この酸化防止剤として使われているのが、合成のビタミンCなのです。

加工食品やペットボトル入り、缶入り飲料などの多くには、

含まれている成分としてビタミンCと表示されていますが

これらは人の健康に対する効果を目的として入れているのではなく、

その食品なりを長持ちさせる目的で入っています。


またビタミンCが、どのような状態で食品に含まれているのかによって、

その効果は違ってきます。

ビタミンCには、酸化型還元型があります。

一般的に体に良いのは還元型のビタミンCのことを言います。

そして加工食品などに含まれているのは、酸化防止剤としての働きをしていますので、

食事などで体内に入るときには、すでに酸化している酸化型のビタミンCとなります。


つまりすごく簡単に言えば、それらはすでに役目を終えてしまった

ビタミンCとも言えるのです。

サプリメントなどに含まれるビタミンCは、いわゆる還元型のビタミンCです。